鹿野道彦 今日の主張

 ◎小沢代表辞任

11日小沢民主党代表は記者会見し、代表を辞任することを表明した。
小沢代表は代表に就任して3年間、ひたすら政権交代の実現を目指すなか、あと一歩のところで代表の座を退くことは、内心忸怩たるものがあると拝察する。しかし政権交代を為し遂げる為、代表にとどまることがいささかでも支障を来すことになるならと代表を辞める判断をしたことは、「政治とは」を熟知している小沢代表ならではの決断であったと思う。この代表のおもいを全党員重く受けとめなければならない。
民主党はまさしく全党一致、誰が代表になろうとも新代表のもと一致協力し合い、再び気を引き締め、国民のため政権交代に向けて突き進んでいかねばならないのだ。時代は民主党の安心社会を築く政策の実行を求めているからだ。新しい国民生活を創るため、日々更なる精進を重ねていかねばならないと考える。


 | HOME | 

カレンダー

« | 2009-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月間アーカイブ