鹿野道彦 今日の主張

 ◎予算案可決

2日午後、平成22年度予算案が衆議院予算委員会で締めくくり総括質疑が行われ、2月4日から続いた審議は終局し委員会採決となり、民主、社民、国民新の連立与党の賛成多数で可決された。
そして、午後の衆議院本会議でも3党の賛成多数で可決され予算案は参院に送られた。
予算に関しては、憲法上参院送付後30日で自然成立することになるので、平成22年度予算が21年年度内に成立し、4月1日の新年度から予算が執行されることが確定した。審議過程での紆余曲折を考えれば、鳩山内閣として初めて編成した予算案がなんとか年度内成立が確定したことは予算委員長として正直なところホッとした気持ちであり、本当に良かったとの思いである。それは国民生活を守るためにも、予算が遅れることなく執行されることは、非常に大事なことだからである。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-03 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月間アーカイブ