鹿野道彦 今日の主張

 ◎消費税率論議

21日(月)菅首相は、消費税率を10%へ引き上げる検討をはじめることが参院選の公約であると述べた。消費税率引き上げの検討を否定するわけではないが、大まかにふたつの問題があると認識している。
一つは、なぜ税率が10%なのか。実施時期は少なくとも2,3年後以降と言いながら、突然参院選を前に消費税率引き上げが遡上したのか国民に対し丁寧に説明し、理解を求める必要がある。
二つめは、低所得者層に負担が重くなる、いわゆる消費税の逆進性の負担軽減策を講じなければならないということだ。いづれにしても、そう簡単に結論を出すべきでないと考える。
今後、税制全般に渡って勉強してまいりたい。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2010-06 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月間アーカイブ