鹿野道彦 今日の主張

 ◎岩手県宮古市視察 2011.8.18

合板工場を訪問した 養殖場の復旧状況についてお伺いした 市場では水揚げされた魚がセリにかけられるところであった 製氷施設の復旧状況を拝見した 市長、漁協町等と意見交換を実施した

18日、岩手県宮古市を訪問し、一次、二次補正予算を踏まえた現場の状況について確認し、現地の皆様の声を伺うとともに、三次補正に向けた状況把握を実施した。

まず、津波で流された合板工場の回復状況を拝見した。会社のご努力でラインが復活し、合板のための機械作業が開始されている状況を拝見した。震災からの復興そして森林・林業再生プランの着実な実施のためにしっかりとした施策を行わなければならない。

続いて、カキなどの養殖現場の復旧についてお話を伺った。残された養殖用漁具、タネガキを使って復旧に努めておられる漁業者の方の声を聴き、次の補正に向けた課題を確認した。

市場では、水揚げされた魚を拝見させていただくとともに、製氷施設を拝見した。漁港のがれき撤去などとともに市場、市場を支える製氷施設、冷凍施設などの一体的な整備が極めて大事であることを再確認した。最後に、現地の市長、組合長、漁師の方々とも意見交換を行った。他省庁とも連携をとって、農林水産省としてしっかりと引き続きの対応をしていきたい。



 | HOME | 

カレンダー

« | 2011-08 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月間アーカイブ