鹿野道彦 今日の主張

 ◎ユネスコへ「和食」の無形文化遺産登録申請へ 2012.2.17

17日、「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されるよう我が国として申請することが決定した。

11月7日のブログにおいてもご紹介させていただいたが、検討会が立ち上がり、これまで議論していただいたものである。
今回の申請は、個別の食事を申請するのではない。和食を「年中行事と密接に関係し、家族や地域の結びつきをつよめる社会的な習慣」と定義している。
郷土料理を次の世代につなぎ、また、食生活の改善や地域コミュニティーとの連携による食育を進め、そして、和食文化の世界的な広がりにより、農産物・水産物の輸出にもつなげていくことができればと思っている。

これまでに登録されたものは、フランス料理、地中海料理(スペイン・ギリシャなど)、トルコ・ケシケキ(麦かゆ)、メキシコ伝統料理の4つが登録されている。

今後であるが、3月までに申請書を提出し、早ければ平成25年の11月に開催されるユネスコの第8回政府間委員会において審査がなされる予定である。引き続き決定されるよう、力を尽くしていきたい。

参考1:平成23(2011)年11月7日ブログ:日本食文化の世界遺産登録に向けた検討会 ←クリックしてください。
参考2:農林水産省プレスリリース ←クリックしてください。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2012-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月間アーカイブ