鹿野道彦 今日の主張

 ◎就学支援金拡充・学費の公私間格差を考える院内集会 2012.7.6

就学支援金拡充・学費の公私間格差を考える院内集会に参加しました

全国私学助成をすすめる会主催の国会集会に参加させていただいた。

政権を担わせていただいてから、公立高校の授業料が無償化され、国立・私立についても学費支援金制度が創設され、家庭の教育費負担が大幅に軽減した。

また、経済的理由による高校の中退率は2.9%から1.9%に低下し、過去最低となった他、平成24年度の私学助成予算も、なんと7年ぶりの増としたが、まだまだ私学と公立の差があり、特に都道府県格差は深刻である。

進学希望の生徒は、経済的状況で進学する学校を選ぶのではなく、自分で判断し学問に懸命にいそしんでもらう状況をつくっていく事が重要であると考える。

引き続き、活動を支援させていただきたい。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2012-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ