鹿野道彦 今日の主張

 ◎参議院選比例区公認候補要請を承引する 2013.6.30

 6月30日夜 この度の7月21日投票の23回参議院選挙比例代表に民主党公認候補となることを承引する表明を致しました。
 海江田民主党代表が6月26日東京での私の出版記念の集いで、更に翌27日には山形に来県し私の事務所を訪れ、参議院比例代表区公認候補を受けること要請され、党の総意でもあると強く求められました。
 私は、この場では急な話でもあり、長きにわたり衆議院選挙でご支援いただいて来た方々にご相談致したいと申し上げ、ただちに後援会役員の皆様に連絡し、6月30日夜お集まりいただきました。
 この会合で、今日までの経緯を報告し、私からも基本的な考え方をお話ししお諮りしたところ、この際要請を受け容れるべきと激励をいただきました。役員会のご了承のもと正式に公認候補要請を受けることに致しました。
 私は、我が国の健全なる民主主義の確立には、二大政党のもと政権交代できる仕組みをつくることであるとの政治改革の本旨に沿って、自民党を離党致しました。
 爾来ひたすら政権交代の実現に向けて努力を積みあげて来た私として、民主党政権が国民の期待に応えることが出来なかったことを猛省し、しかしながら自民党の一党支配に戻ることは決して好ましいことでないとの考えに立ちました。ならば、二大政党の一翼を担わなけなければならない民主党を、今日までの政治経験を生かして立て直すことが私の役割でもあるとの思いから受諾致しました。残された期間はあとわずかではありますが、すべてを賭けて、全身全霊あらんかぎりの努力を致してまいります。

 | HOME |  次頁へ»

カレンダー

« | 2013-06 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月間アーカイブ