鹿野道彦 今日の主張

 ◎いよいよ参議院選挙の公示日 2013.7.4

 いよいよ参議院選挙の公示日。
 今回は、私にとって初めての参議院選挙、しかも全国比例区への挑戦です。
 選挙の運動方法や全国の皆様が有権者になるなど、勝手の違う部分もありますが、「日本が格差社会化することを放置してはならない」、また、「経済の理論ばかりを優先し、政治が役割を放置してはならない」という思いは、先の総選挙と寸分の違いもありません。私はそのために、もう一度政治にチャレンジしようと決心しました。

 安倍自民党政権が掲げるアベノミクスは、日本をかけた大実験です。うまくいくならばそれでいいのですが、本当に国民全員が豊かになれるのか、地方の人々の生活を守り切れるのかなど不安の声も聞かれ、全く不透明なまま進行しております。
 
 私は、日本の回復のカギを握るのは地域であり、地域に住む人々の生活がよくならなければ日本の発展などないと考えます。その地域を蔑ろにするアベノミクスには反対せずにはいられません。勿論。我々民主党も先の総選挙の反省に立たち、ただ反対するばかりだけではなく具体案を示していかねばなりません。
 私は国政に復帰し、地域の生活を重視した政策を実現すべく、これまでの政治経験の全てを賭してこの選挙を戦っていきたいと思います。皆様からの厚い激励を宜しくお願いします。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2013-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月間アーカイブ