鹿野道彦 今日の主張

 ◎安倍首相が語らない重要課題 2013.7.20

 今日は投票前、最後のブログをお送りする。

 立候補を表明してから今日で21日目、この間、ブログをお読みいただいた方々、ご支援、ご声援を下さった方々、また選挙を支えて頂いた関係者の皆様に最大限の謝辞を申し上げたい。

 私が訴えたいことは、このブログを通じて、またメルマガ、街頭、街宣中、演説会など様々な場で
立候補表明からたった21日間ではあったが、精一杯、力の限り申し上げさせていただいた。

 あとは、天命を待つ心境である。このブログでも何度も申し上げてきたが
弱者を切り捨て、経済ばかりを優先する自民党を止めるには、その暴走を食い止めることのできる
非自民政党の勢力の中心にある民主党を何としても守らなければならない。

 私をその中心で働かせて頂けるよう、再び議席をお与えいただきたい。

 
◎「安倍首相が語らない重要課題」

 投票日を明日(22日)に控えても、安倍首相は「経済」一点張りで、原発や憲法改正といった国論を二分する話題や、負担増に直結する消費税や年金問題、そしてTPPについては選挙演説で語ろうとしないと、今朝(21日)の朝日新聞は報道していた。
同報道によると、公示日直後の6日の遊説で憲法改正に2度触れた以外は、TPPや原発の再稼働についてはほとんど触れず、また、消費税の増税や年金および医療の負担増についても選挙演説で、安倍首相はいまだに沈黙を続けていると言う。
選挙後には決めなければならない重要課題については語らず、経済だけは「回復していない」という国民の実感を無視して良くなっていると叫ぶだけで、安倍首相は今回の参議院選挙を乗り切ろうとしている。日本の未来にとって重要な課題を国民に問うべき国政選挙において、その選択肢を明言しないまま、「経済」一点張りで安倍首相は自民党への支持を訴えているのである。
官邸のスタッフは「最終的に安倍政権が目指すものを一つひとつ説明しなくたって、皆さん十分ご存知だ。改めて声高に言う必要はない」(朝日新聞)と漏らしているそうだが、あまりに無責任ではないか。
民主党は自民党を批判するだけで、何も言っていないという有権者の声も聞かれるが、何も言っていないのは自民党のほうである。憲法改正をどうするのか、TPPをどうするのか、原発をどうするのか、消費税をどうするのか、安倍首相は選挙演説で語る責任がある。山形に来て、株が上がり、大企業のボーナスが増え、観光客が増えれば米沢牛が売れると演説する前に、TPPや原発について語るべきだったのではないか。
  聖域が守られなければ直ちにTPPから撤退する、安全性を無視した原発の再稼働には断固反対する、日本の経済は地域から再生する・・・私が選挙戦を通じて訴えてきたことである。重要課題については何も語らない自民党と、あえて語る私、「かの道彦」とどちらに日本の未来を託するのか。もう一度考えて、ぜひ、私、かの道彦に一票を投じてほしい。


 

 | HOME | 

カレンダー

« | 2013-07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月間アーカイブ