鹿野道彦 今日の主張

 ◎党首討論

27日国会で久し振りに党首討論が行われた。民主党の党首に鳩山新代表が選出されてから初の対決である。お互い祖父である吉田茂、鳩山一郎両元首相の存在を相当意識していたようだ。
麻生首相は我が国のトップリーダーとして、何事も受けて立つくらいの度量の広さを示してほしかった。鳩山代表の質問に真っ正面から答えることを避け、思いつきで次元の低い話をダラダラしているという印象は否めなかった。一国の総理大臣としての品性品格を備えてほしいと感じたのは私だけではないと思う。
鳩山代表の討論は、政権を担おうとする政党の党首として攻めの姿勢を打ち出し、論理的にもしっかりした展開であったが、キャッチフレーズである友愛社会についてもう一歩踏み込んだ想いを語った方がよかったのではないだろうか。いずれにしても政治に活力を生み出すためにも、国のかたち、目指す社会のあり方を軸に、今後積極的に議論されることを期待したい。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月間アーカイブ