鹿野道彦 今日の主張

 ◎静岡県知事選挙

5日投票日の静岡知事選は民主党・社民党・国民新党推薦の川勝平太氏が当選した。民主党は候補者の一本化調整が不調に終わったまま選挙戦に突入したにもかかわらず、自民・公明両党推薦の坂本由紀子氏を破っての勝利である。静岡県民は山形県民と同じく変革を選択したのだ。
衆院選の前哨戦と言われた知事選の結果に出た限り、麻生首相は地方選と国政選挙は関係なしと言うなら、今度は国民の判断を仰ぐ必要があるのではないだろうか。今求められることは、政権等の権力の保持の為に唯勢力が注がれるのではなく、国民の生活立て直しに政治のエネルギーが費やされるべきである。一刻も早く国民の審判による新しい政府をつくることが何より先決である。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月間アーカイブ