鹿野道彦 今日の主張

 ◎解散総選挙

13日麻生首相は衆院を21日にも解散し、投票日を8月30日にすると表明した。
一言でいえば「ようやくか!」である。
昨年秋から解散を「やるやる」と断言していた麻生首相だが、ほぼ任期いっぱいの選挙となったことは、首相が指導力を発揮したとも思えず、覚悟の程を示したとも感じられないというのが率直な気持ちだ。結局は任期が近付いて追い込まれてしまったということではないか。
総選挙といわれる衆院選は、有権者が国民の生活をどの政党に委ねるかを選択する、すなわち政権選択の選挙である。
ゆえに政権交代を訴える民主党としては、有権者の皆様に出来るだけ判断していただきやすいわかりやすい政権公約(マニフェスト)を提示することが重要だ。投票日まで全力を挙げて精進してまいりたいと考える。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ