鹿野道彦 今日の主張

 ◎民主党マニフェスト

民主党が発表した政権公約(マニフェスト)に麻生内閣の閣僚は一斉に批判の声を浴びせた。とりわけ財源についてその声は大きいようだ。
そもそも今までの枠組みの中で財源を考える自公政権と、行政の仕組みを根本的に変えようとする(ムダをなくす等々)民主党の考え方がおのずと違うのだ。
すなわち国の大枠の予算付けは官僚に委ねるのではなく、国民の付託を受けた政権政党が判断するのだ。国民に約束したことを最優先に実行していくのである。この形が健全なる政党政治である。だから今の官僚主導の自公政権から、政権交代で国民の手に政治を取り戻させなければならないのだ。


 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月間アーカイブ