鹿野道彦 今日の主張

 ◎鳩山政権誕生

16日午後、衆議院本会議で民主党鳩山代表が総理大臣に選出された。
野党第1党が衆議院選挙で過半数を獲得し、政権交代を果たしたのは、戦後初めてである。
議員として鳩山代表に首班指名の1票を投じ、歴史的大事業に直接参加できたことは格別の喜びである。感謝の気持ちで一杯だ。
自民党が長い間占めてきた、議長から見て右側の位置の議席に自分がすわっている。この瞬間、政権交代の必要性を15年間訴え続けてきた諸々のことが脳裏をよぎり、政権交代は手段ではあるが、私自身にとっては目的であったかもしれないことを思うと感慨無量である。
しかしながら、いつまでも政権交代の余韻にひたっている訳にはいかない。結果を出さなければならないのだ。着実にマニフェスト(政権公約)を実行していくことだ。
今日から標語は「政権交代」から「政権責任」へと交代である。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月間アーカイブ