鹿野道彦 今日の主張

 ◎事業仕分け② 山形大学について 

28日、山形大学結城学長から陳情を受けた。
地域イノベーション創出総合支援事業の「地域卓越研究者戦略的 結集プログラム」が去る11月11日付けで、山形大学・山形県と信州大学・長野県の2件のプロジェクトが採択されたばかりのところ、先の「事業仕分け」で本事業は「国としては、やる必要ない」と廃止とされたのだ。地球環境問題を中心として、両大学とも本事業により、有機エレクトロニクス・ナノテクノロジーにより問題解決に取り組んでいるという。
早速、川端文部科学大臣に直接連絡し、本予算編成に向けて復活に尽力してもらいたい等、要望したところである。
また、29日(月)山形大学嘉山医学部長より医療の診療報酬全体の引き上げについて、今の大学病院の実状を踏まえた上で要請があった。
民主党のマニフェストにも記述されている案件であり、これから声を出していかなければならないと考える。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月間アーカイブ