鹿野道彦 今日の主張

 ◎新春のつどい

3日毎年恒例の山形市の「鹿野道彦新春のつどい」が催された。主催は民主党山形県第一区総支部と鹿野道彦の会である。
吉村県知事、市川山形市長、結城山形大学長はじめ多くのご来賓の出席を賜り、会場に入れない方々も多く大盛況であった。足をお運びいただいた皆々様に只々感謝の気持ちで一杯だ。
今日のわが国は内政・外政ともに沢山の困難な問題を抱える中、いよいよ今月18日に通常国会が召集される予定である。まず不況対策が何より優先されなければならないことを鑑み、平成21年度の第二次補正予算案、平成22年度の本年度案を迅速に成立させなければならない。
予算委員長として職責の重さを痛感し責務を果たしていかねばならないと決意を申し上げた。政権を担うということは、いかに大変なことであるかを改めてしっかりと確認し、国民生活・県民生活を守るため、今年一年間、一生懸命精一杯努力していかなければならない。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ