鹿野道彦 今日の主張

 ◎通常国会開会

本日18日(月)から通常国会が開会される。
私は、予算委員長として先ず昨年まとめられた総額7兆2013億円の緊急経済・雇用対策のための補正予算審議に取り掛かることになる。
内訳は、雇用対策費として総額6140億円(求職中の困窮者などに対する住まい拡充・介護、医療、農業、環境、エネルギー分野の雇用創出・待機児童解消のための認可保育所設置)
環境対策費6668億円(グリーン家電普及促進事業・環境対応車普及促進・住宅版エコポイント創設・技術開発費など)
景気対策費1兆5742億円(景気対応緊急保証創設・セーフティネット貸付・フラット35の金利引き下げ)
生活安心確保費7849億円(高齢者医療制度負担軽減措置継続・生活保護者生活支援・新型インフルワクチン生産能力向上)
地方支援3兆3515億円(国税収入減少に伴う交付税補てん)
である。
経済・雇用情勢悪化を食い止めるためには、一刻も早く補正予算を成立が必要である。国民の皆様のご理解をいただきたい。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ