鹿野道彦 今日の主張

 ◎弁理士議連

8日(火)「民主党弁理士制度の改革推進に関する議員連盟」が誕生した。
これからの日本の命運は、日本独自の技術開発に懸かっていると言っても言いすぎではない。
とりわけ、21世紀のキーワードは「環境」であるといわれる中、25%削減するという国際公約の実現に向けて、世界をリードしていかねばならない。
今、求められていることは、革新的な技術開発の促進である。研究開発とその利用に集中投資を行い、その成果を知的財産権として、積み上げていくことが大事なことである。
この実現のため、知的財産制度の中心的担い手である、弁理士制度をより充実した制度にすることが、重要であるとの認識の下、議員連盟を立ち上げたのだ。議連会長として、議連メンバーと一緒に弁理士制度改革と健全な知的財産制度の推進のため、努力してまいりたい。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月間アーカイブ