鹿野道彦 今日の主張

 ◎私からのお願い 2011.3.15

様々な対応を指示し実施に移しましたが、皆様には冷静にご対応いただければと思います。

16日、今回の地震への対応の段階は、緊急の救命救難から避難民の生活支援の段階に重点が移行してきている。私に課せられた最も重要な使命は今回の地震、津波により被災された住民の方々への食料・水等の供給を確保し、一刻も早くお届することである。

地震発生直後、直ちに食料品関係団体等に対して協力を要請し、食料・水等を確保している。

一方で、被災地はもとより、それ以外の地域のスーパー、コンビニ等の店頭においても食品が品不足になっている状況もあるが、食料品全体の供給は十分に確保されおり、消費者の皆様には、冷静に対応していただきたくお願い申し上げたい。

道路交通、燃料の供給に支障があり、物資の供給等が困難な面があるが、なんとしても被災した皆様へ食料・水を届けなければならない。物流の中心的役割を担う関係省庁及び地方自治体、関係団体としっかりと連携を行い、引き続きあらゆる努力を行っていきたい。


 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月間アーカイブ