鹿野道彦 今日の主張

 ◎被災地視察 2011.4.2

宮城県知事と面談し、ご要請を受けました。 石巻市長と漁港の状況を視察しました。筆舌に尽くしがたい。 漁業者の皆さんから、自分達は必ず復活するとの力強いお言葉を頂き、国として最大限の支援をせねばならないと固く心に誓いました。

2日、宮城県を訪れ、石巻港、そして名取市の国営事業地区を視察し、その後宮城県知事とも会談した。被災地の現場をこの目で確かめ、とても信じがたい、筆舌に尽くしがたい、これが私の率直な印象であった。

まさに壊滅的状況である。しかし、只見ただけではすまされない。石巻市長、名取市長をはじめ、諸々の関係者の方々から要請、要望を受け、長きに渡り、連綿として国民への水産物を農作物を安定的に供給してこられた素晴らしい漁港を、水田地帯を、何としても甦らせなければならないことを決意した。

宮城県知事からの要請も含めて、政府として農林水産省として、必要な措置が取られるよう、全力を挙げて最大限の努力をしていかねばならない。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月間アーカイブ