鹿野道彦 今日の主張

 ◎国連人口基金事務局長表敬訪問 2011.4.27

国連人口基金事務局長が来訪されました。 1月に国連人口基金事務局長に就任したオショティメイン氏です。

26日(火)、今年の1月に国連人口基金事務局長に就任した、ババトゥンデ・オショティメイン氏が表敬訪問された。

私自身、現在国際人口問題議員懇談会の会長代行を仰せつかっている事、また、これまで長きに渡って人口問題に取り組んできた由縁で来訪いただいたとのことである。

オショティメイン氏は、「国連人口基金は、全ての女性、男性、そして子どもが健康な生活を送り、平等な機会を享受できる世界を実現するために活動している国連機関である」と強調され、引き続きの日本からの支援も要請された。
私からは、「2050年には世界の人口は91億人にも及ぶと言われている時、食と人口問題は一体的に考えていかねばならない」と申し上げた。

21世紀の世界において、食料と水と人口問題はまさに最重要課題であることは間違いないと考える。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月間アーカイブ