鹿野道彦 今日の主張

 ◎「鹿野道彦 2012 絆 新年のつどい」の開催 2012.1.3

3日、山形市において、「新年のつどい」を開催した。

吉村美栄子山形県知事、市川昭男山形市長、和嶋未希衆議院議員、舟山康江参議院議員、被災地宮城から橋本清仁衆議院議員、大泉敏男連合山形会長、そして、県会議員、市議会議員などの多くの来賓の皆様のご出席をいただいたほか、後援会の皆様や、後援企業・団体の多くの方々にお越しをいただいた。
新年早々、お忙しい中ご来場いただいた皆様に心から感謝申し上げたい。

吉村県知事からご挨拶をいただきました 市川山形市長からご挨拶をいただきました 大泉連合会長から乾杯の音頭をとっていただきました

新年のご挨拶でも申し上げたが、まずは復興のために最大限の力を尽くしていかなければならない。
そして、今年は、新規就農施策や再生可能エネルギー、6次産業化、森林・林業の再生などの「攻めの農業」のための新たな施策を次々に打ち出していく。

一次産業がこれからのこの国の光となり得る、そして、次の世代への道筋となるものを作り上げていかなければならないとの思いで、これからもしっかりと精進し、取り組んでいくということをお話させていただいた。

鹿野道彦から新春のご挨拶を申し上げました

最後に皆さんとともに、「一月一日」「上を向いて歩こう」を歌い、光ある年になるよう誓い合った。

一月一日、上を向いて歩こうをみんなで歌いました 最後に、でん六社長から三本締めをいただきました

皆様から直接多くのご声援とお叱りもいただいた。
引き続きのご指導・ご鞭撻をお願いしたい。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ