鹿野道彦 今日の主張

 ◎山形県総務部長による24年度県予算の説明 2012.2.15

山形県総務部長がお越しになりました 24年度山形県予算の説明を受けました

山形県総務部長が平成24年度予算の概要を御説明に来られた。

山形県の予算は、2年連続で6,000億円を超える予算となったが、与党が掲げる地域を重視し地域の考えを大切にする政策の一環として、地域が自らの考えで予算を執行できる国からの交付金(地域自主戦略交付金等)を増額させてきていることもその一助となっていると認識している。

山形県は、一、医療・福祉・子育て支援、一、地域産業の振興・活性化、一、農林水産業の再生、一、教育・人づくりの充実、一、県土環境の保全・創造・活用の5つの柱で、人材育成というものを視点の基本として取り組むということである。

農業の分野では、意欲的な農林漁業者や食品製造業者等に対する支援、新規就農への支援、生産基盤・農村環境整備、森林・林業の再生関連予算の充実と、国の施策と一体となって取り組み、また山形県として自主的に取り組んでいこうという意気込みが感じられるところである。
また、再生可能エネルギーについても取り組むプログラムが埋め込まれているとのことであった。

地域の活力を取戻し、再生への道筋をつけるために、吉村美栄子知事を先頭にしっかりと予算執行がなされていくことを期待したい。私自身、県選出国会議員として、国の政策立案・執行を通じ、引き続き力を尽くしていく所存である。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月間アーカイブ