鹿野道彦 今日の主張

 ◎香港出張 2012.3.3

3日(土)、我が国の農林水産物・食品の最大の輸出先である香港を訪問した。
香港への農林水産物・食品輸出額は、1,111億円であり、全世界輸出額の25%を占めている。震災前、1月から3月の間は、対前年比で8.8%の輸出増であったが、4月~12月間は、対前年比で13.2%の減となっている。

こうした状況をなんとか改善せねばならない。香港の要人等に対し、我が国食品に対する輸入規制緩和の働きかけや輸出促進に係る取り組みへの協力を要請する目的の訪問である。

本日は、ステファン・ラム政務司司長(政務長官)と会談を行った。私から、日本産食品に対する輸入規制の緩和及び日本産食品の香港への輸出促進に向けた協力を要請し、司長からは日本産食品の普及に喜んで協力していただける旨の回答を頂いた。

そして、「日本食品展 in 香港」に出席し、我が国食品の信頼回復を図るため、魅力をアピールさせていただいた。

日本展にて香港市民にトップセールスをしました 展示されている日本の皆さんにお話を伺いました 多くの企業が展覧会に参加しておりました

明日はヨーク・チョウ香港食物衛生局長官との会談、フレッド・ラム香港貿易発展局総裁との会談、そして、現地の日本食品取扱業者との意見交換、スーパー視察等を実施する。しっかりと我が国の食品についてアピールし、信頼が得られるよう努めて参りたい。


 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月間アーカイブ