鹿野道彦 今日の主張

 ◎参議院農水委員会所信表明 2012.3.16

3月16日復帰しました。大臣記者会見の模様です

16日、参議院農林水産委員会において、所信表明をさせていただいた。

衆議院に引き続いての表明である。衆参両院において、農林水産省の提出している法案をはじめ多くの政策課題をご議論いただき、農政を前に進めて政策の中心に位置づけられるようにしていかなければならない。
平成24年を「食と農林漁業の再生の元年」とするために、政務三役、そして農林水産省の全職員が一丸となって、積極的に現場の声を聞きながら、一歩一歩、地道に、かつ着実に農林水産行政を進めていくようにしていきたい。

なお、11日以来の私の体調不調により、国会審議をはじめ国民の皆様にご迷惑をおかけしたことに心よりお詫び申し上げたい。
本日より完全復帰し、閣議、定例記者会見、午前と午後に参院予算委員会、また参院農林水産委員会での所信表明に省内でのレク、政策協議、面会等の日程をこなさせていただいた。

依然にもまして現場主義を徹底し、しっかりと取り組んでいかねばならないと心に刻んでいる。
引き続き皆様方のご鞭撻を賜れば幸いである。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月間アーカイブ