鹿野道彦 今日の主張

 ◎国会議事堂サクランボの受粉作業 2012.4.19

サクランボの花に受粉させていただきました 衆議院を訪れていた河北中学校の皆さんがお手伝いをしてくださいました 天気の中で受粉を行うことができて良かったと思っています

19日、国会議事堂正門内の庭園にあるサクランボの花に受粉作業を行った。
サクランボは山形県の県木である。各県の県木が並ぶ中に「佐藤錦」「紅秀峰」「ナポレオン」の計4本の木がある。佐藤錦、紅秀峰の花が満開となった。

毎年恒例の行事であるが、今年は山形県東京事務所の皆さんの他、修学旅行中の河北中学校の皆さんからもお手伝いいただき、穏やかな天気の下、「ぼんてん」と言われる道具を使って受粉作業をさせていただいた。

今年の豪雪の影響で山形のサクランボは最新情報では例年より約1週間の遅れだと聞いている。当初12日程度の遅れだったとのことだが、最近の好天で遅れが短くなってきているとのことである。また、豪雪、風害とハウスが影響を受けているが、何とか営農を続けてもらいたいとの思いから、先日農林水産省として追加対策を発表した。県独自の措置なども活用し、被災された農家の皆さんにはなんとか復活してもらいたい。 (過去ブログ:農林水産省 豪雪・風害追加対策 ← クリックしてください。)

昨年は大震災の影響からサクランボ園など観光果樹園が大きな影響を受けたが、今年もたわわに実る真っ赤なサクランボが収穫され、農家の皆さんが収穫の喜びを味わうことができるようになればと祈りながら、一つ一つの真っ白な花に受粉作業をさせていただいた。

山形県サクランボ情報はこちらから ← クリックしてください。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月間アーカイブ