鹿野道彦 今日の主張

 ◎一握りの金持ちか、本当に困っている人か 2013..7.15

 今日は山形県南部を遊説させていただいた。朝の大雨が嘘のように晴れ、午後からの街頭演説にも力が入った。
 夜は、みどりの風 舟山やすえ候補の天童決起集会にも参加させて頂いた。
巷間一人区の激戦区として、岩手、山形、沖縄が挙げられているが、その山形で踏ん張りを見せているのが、舟山やすえ候補である。

 自民党は連日、総理をはじめ大物閣僚を次々と山形に投入し、少数政党の小さな小さな候補者をつぶそうと躍起になっている。しかし、この小さな候補者は絶対につぶさせてははならない。彼女の主張はTPP反対、脱原発、まったく正論だからである。
 小国に嫁ぎ、地方への想いを馳せ、弱者を守るために全力を尽くすことが出来る、この貴重な候補者を当選させなければならない。
 
 今日もブログをお送りする。


◎「一握りの金持ちか、本当に困っている人か」
 
 目の前で株が上がり、新聞やテレビで宝飾品やブランド品が売れているといったニュースが流れると、自分の生活は変わらなくても、世の中は変わっているのではないか、その恩恵はいずれ自分のところにも来るのではないかと期待するのが、普通の人の感覚である。
 しかし、歴史的にも、理論的にも、新自由主義が唱えた「トリクルダウン」、つまり、金持ちの人がより金持ちになれば、貧しい人の生活も改善するという説は間違いだったことが証明されている。そうでなければ、1%の超金持ちと99%の貧困という構図は、アメリカで生まれなかったはずだ。
  政治の力で一握りの金持ちを作ることはむずかしいことではない。なぜなら、1000億円のお金で10人の100億円長者を作ることもできるし、1000人の1億円長者を作ることもできるからだ。でも、1000億円のお金を1億2500万人の国民に等しく分配すれば一人あたり800円しか行き渡らない。そこで本当に生活に困っている100万人の人を対象にすれば、1000億円あると一人あたり10万円給付できることになる。
 私が問いたいのは政治として、どの道を選択すべきなのかということだ。今回の株高で100億円以上資産が増えた人が、日本で100人近くいると言う。1億円あるいは1000万円以上増えたひとは、もっとたくさんいるだろう。でも、日本のなかには、毎月10万円の生活費で何とか暮らしている人が1500万人以上いるし、貯蓄がゼロという人は3000万人以上もいる。
 民主党は何もしなかった、という批判は確かに多い。でも、民主党が目指したのは一握りの億万長者を作ることでも、1億人の人にわずかのお金をばらまくことでもない。本当に困っている人に光が届くようにすることだった。表面だけを熱くするのではなく、社会の底からじっくりと暖めることだった。それに反対を唱えてきたのが自民党だったことを忘れてはならない。
 選挙戦も終盤に入ってきた。これからのブログでは、民主党は何をしてきたのか、そして、いまの日本で本当に求められる政策とは何かを中心に書いていくことにしたい。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月間アーカイブ